カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

さくらんぼの保存方法



さくらんぼがおいしく食べられるのは収穫してから2〜3日です。

さくらんぼ(佐藤錦)の剪定した枝拾い 
 
さくらんぼの本当に美味しい食べ方は、朝5〜6時くらいに朝採りし、冷蔵庫に入れるのではなく、気温10時くらいの場所に常温保存します。

ざるなど、通気性の良い入れ物にさくらんぼを入れ替え、その上に濡れタオルをかけて、さくらんぼの水分蒸発を防ぎます。

お昼頃までには食べ切ってしまうのが、一番美味しい食べ方です!

さくらんぼは、温度変化に弱く、収穫する時の気温によって日保ちが変化します。もし午後2時など、気温が高い時にさくらんぼ狩りなどで収穫した場合は、日保ちが悪くなるので、すぐに食べきりましょう!

しかし、こうした食べ方は、さくらんぼ農家でないと難しいですよね(><) 本当の美味しい食べ方ができるのはさくらんぼ農家の特権かもしれません。


それでは、お客様が、より美味しくさくらんぼを頂くには??

さくらんぼ(佐藤錦)の木の枝の剪定の様子  
 さくらんぼ到着後は、必要分だけ冷蔵庫の野菜室に入れて、なるべくその日のうちに食べましょう。ただし、長時間冷蔵庫に入れておくと甘味が薄れてしまうので要注意!長くても一晩ほどにしておきましょう。

さくらんぼは寒さや急激な温度変化に弱い、非常にデリケーロな果物です。常温保存でも、気温5度から果肉が硬くなってきます。さらに気温が下がり、気温2〜3度まで下がると、完全に果肉が硬くなってしまい、食感が悪くなってきます。

それに加え、さくらんぼが冷えてしまうので、舌から感じる甘さも薄れてしまいます。


到着してからすぐに食べたい方は、冷水にさっと通して冷やすと、美味しく食べられます。


冷蔵庫にさくらんぼを入れると、水分(旨み)が蒸発し、時間を置くごとにさくらんぼが乾燥してしまいます。

また、さくらんぼの味わいを左右する酸度も下がってしまい、味が淡白になり旨みが劣って感じられます。


さくらんぼ(佐藤錦)の剪定した枝拾い ◎さくらんぼの洗い方

国産のものは、さくらんぼの果実に直接農薬をかけることがないので、ボウルに水を張り、ざるに入れたさくらんぼをざるごとゆらし洗いするだけでOKです。

あまり水につけすぎると、旨みが失われてしまいますので、注意してください。

ページトップへ