カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

佐藤錦の誕生秘話



 真紅の実をそっとかむと、ジューシーな甘みが口いっぱいに広がる.....。さくらんぼの中で最も人気の高い「佐藤錦」は、果樹王国と呼ばれる山形県でも特別な存在である。この美しい果実はどのようにして生まれたのだろうか。


さくらんぼの品種改良は、明治後半に醤油醸造の家業を廃業の後、家屋敷を整理し松林を開墾して果樹園を始めた佐藤栄助翁によって大正元年(1912年)に着手されました。

 改良は、味は良いが日保ちが悪い「黄玉」と、日保ちは良いが硬く酸味の強い「ナポレオン」をかけあわせることから始められました。

 実を結んだその種から五十本ほどの苗を作り、中から優れた苗約二十本を育てたのです。

 「従来のさくらんぼでは、酸味が強くて日保ちが悪く出荷の途中に腐ってしまうため市場性がうすいのでなんとか改良しなくては」という翁の情熱と強い意志のもと、大正十一年(1922年)、その苗木に初めて実を結ばせることに成功。

 これらの苗木からさらに優れた一本を選び、新しいさくらんぼの原木としたのです。

 佐藤栄助翁の友人で苗木商(株式会社天香園)初代岡田東作翁も佐藤栄助翁とともにさくらんぼの改良に情熱をかたむけた人物。

 岡田翁は、大変難しいこの改良されたさくらんぼの苗木作りに何度となく挑戦。そしてその苗木を多くの果樹農家に広め世に出しました。

 いわば佐藤栄助翁は生みの親である一方、岡田東作翁は育ての親といえます。今日のさくらんぼ「佐藤錦」が全国にその名を知られるようになったのはまさしく岡田東作翁の努力によるものです。

 佐藤栄助翁はこのさくらんぼの品種を地方名にあやかって「出羽に式」と名づけようとしましたが、岡田東作翁が生みの親の名を入れるべきだと主張した結果、昭和三年(1928年)にさくらんぼ「佐藤錦」が誕生しました。

 その後、次第に佐藤錦は出荷生産量を増やし、昭和五十年(1975年〜)頃から「山形のさくらんぼ」に対する需要が一気に増えてきました。これは、佐藤栄助翁・岡田東作翁の情熱とぢ力の賜物であると同時に佐藤錦を愛し大事に育て心をこめて全国の皆様に出荷する果樹農家の人たちの努力とが相まった結果なのです。


さくらんぼの生みの親 佐藤栄助翁         さくらんぼの育ての親 岡田東作翁
 −佐藤栄助翁ー                ー岡田東作翁ー

ページトップへ